フィットネスクラブとは

フィットネスクラブというと、何をするところだと思われるでしょうか。「フィットネス」とは肉体的に望ましい状態、およびその状態になるために行う運動を指すので、フィットネスクラブはそのための運動を行う場所であるといえます。そもそもはアメリカで誕生した施設ですが、日本では1970年代から作られるようになり、1980年代にはバブル経済の後押しもあって多くの企業が参入しました。バブルの崩壊により、規模の小さい事業者が大手に買収されるなどの統合を経て一時的に減少しましたが、現在は健康志向やアンチエイジング、メタボリック症候群への関心の高まりもあり、事業者は再び増加の傾向にあります。

ところで、運動をするための場所としては、スポーツジムやトレーニングジムと呼ばれる施設もあります。経済産業省による定義を参照すると、フィットネスクラブは「室内プール、トレーニングジム、スタジオなどの運動施設を有し」「インストラクター、トレーナーなどの指導員を配置し」「会員にスポーツ、体力向上などの個人指導を行う」事業所とされます。スポーツジムやトレーニングジムは「筋肉を鍛えるための機器や道具などが置いてある、屋内型の運動施設」を指すとされているため、両社の大きな違いは室内プールの有無であることが分かります。

ここでは、フィットネスクラブではどのようなことができるかについて、スポーツジムにはない特色であるプールでのプログラムを中心にご紹介します。